ホワイトールに副作用はないの?」カテゴリーアーカイブ

副作用と使用上の注意

ホワイトールに副作用はないの?

ホワイトールは、サプリメントではなく、シミ・そばかすに飲んで効く第3類医薬品です。第3類医薬品は、副作用リスクが比較的低いですが、お薬で副作用の全く無いものはありません。

 

そこで、ホワイトールの副作用と使用上の注意についてお伝えします。

医師の治療を受けている人、薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人は、服用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談して下さい。

 

また、服用後、皮膚に発疹・発赤・かゆみ、消化器に吐き気・嘔吐・胃部不快感・腹痛、下痢・便秘の症状があらわれた場合は、副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この製品を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談して下さい。

 

また、1ヶ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この製品を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談して下さい。

服用後、生理が予定より早くきたり、経血量がやや多くなったりすることがある。出血が長く続く場合はこの製品を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談して下さい。

 



ホワイトールの効果・効能は以下の通リです。

次の諸症状の緩和:しみ、そばかす、次の諸症状の緩和:日やけ・かぶれによる色素沈着。 次の場合の出血予防:歯ぐきからの出血、鼻出血。 「但し、これらの症状について、1カ月ほど使用しても改善がみられない場合は、医師、薬剤師又は歯科医師に相談すること。」 次の場合のビタミンCの補給:肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時、老年期。

 

ホワイトールには、以下の成分で構成されています。

1日量(6錠中) アスコルビン酸(ビタミンC)1000mg、L-システイン240mg、リボフラビン(ビタミンB2)6mg、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)12mg、コハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)50mg

《成分・分量に関連する注意》
1.本剤の服用により、尿及び大便の検査値に影響をおよぼすことがありますので、これらの検査を受ける場合は、本剤を服用していることを医師にお知らせください。

2.本剤の服用により尿が黄色くなることがありますが、これは本剤に含まれるリボフラビン(ビタミンB2)によるものですから心配ありません。

 

ホワイトールの用法・用量は、成人(15歳以上):1回3錠。7歳以上15歳未満:1回1錠。1日2回、朝晩に服用してください。※7歳未満:服用しないこと。

《用法・用量に関連する注意》

用法・用量を厳守してください。小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

 

ホワイトールは、シミ・そばかすでお悩みの方へ。

メラニンを抑制する働きがあるL-システインを最大量配合し、新たなシミが生まれないようシミのもとを抑制します。1日2回の服用で手、首、デコルテなど顔だけじゃなく全身のシミに効きます。
本気でシミ・そばかす対策するなら医薬品のホワイトールを!

詳しくは公式サイトをご覧下さい↓
シミ・そばかすに飲んで効く!ホワイトール